mado_glass
当然のことですが、割れないガラスはありません。しかし特殊な加工や素材の吟味によって、割れにくくしてあるガラスというものはあります。ガラス自体は割れてしまえば交換修理するしかなくなりますから、割れないに越したことはないのです。また、割れることによって周囲にいる人間が大怪我をするというリスクが生じますし、またたとえ誰もいなくとも、窓ガラスが割れることで、たとえば空き巣被害のようなリスクが増すことも考えられるでしょう。台風や竜巻などの災害時には、窓が割れなければ住宅への被害はほとんどなかったという事例はよくあるそうです。

割れにくい窓ガラスの導入というのは誰もが考えることです。現代のガラス製造技術は格段に進歩していますから、特殊加工によって割れにくくなったガラスというのがあります。代表的なものは強化ガラスでしょう。ガラスはそれ自体、非常に硬い物質でできています。ただし窓ガラスが薄く平らに製造されるため、どうしても強度を保つことができないのですが、強化ガラスは製造段階で特殊なテンションをガラスの構造に与えることにより、ガラス表面には常に縮まろうとする力が働き、逆に内部には引っ張ろうとする力が働いています。これによってガラス自体が衝撃に強い構造になっているのです。

しかしどんなに強化しても、ガラス自体は基本的に衝撃に弱く、割れやすいものです。そこでガラスに特殊なフィルムを貼ることにより、ガラスが割れにくくなるよう工夫したものもあります。ただしこれは割れにくいというより、割れても破片が飛散しないという効果を狙ったものですから、本来の意味とは少し異なります。割れても周囲にいる人に危険が及びにくいガラスと言えるでしょう。

どうしても割れないガラスということであれば、ガラスではなくアクリル板を導入するしかありません。キズがつきやすく透明度は失われてしまいますが、これなら割れることはまずありません。

Categories: 未分類